NEWS

■北方領土返還要求運動 強調月間です!

今年度も渡島総合振興局、函館市と全て共催しまして各種事業を展開!
本日、渡島総合振興局長室でスタート式を行いました!

小田原局長、長時間ありがとうございます。

渡島地方支部企画担当の工藤が作成した「渡島地方支部ポスター」も登場!
私は学生時代美術部でして、今でもデザイン物は自信があるのです・・・。
なかなか良い仕上がり!たいしたものです。


今年度もはじめての企画がたくさんあります。
市電の車内ラッピング、市内の大学に協力を得て合同行事開催、
そしてキャラバンも10回目に突入!
気合を入れて啓発活動を行います!。

さて、
<強調月間について>
択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の北方領土(北方四島)は日本固有の領土ですが、第二次世界大戦後から72年、今なお、ロシアによる占領、実効支配が続いております。
北海道でも毎年、旧ソ連邦が日本に対して宣戦を布告し、北方領土問題が発端した月である8月を「北方領土返還要求強調月間」と定め、全道的に北方領土返還要求運動を強力に展開しております。
つきましては、渡島地方においても地域住民に対する北方領土問題についての理解と認識を深め、北方領土返還要求世論の一層の高揚を図るために、各種事業の実施・開催をいたします。

さぁ!頑張って拡げましょう!
是非〈活動のお知らせ〉にアクセスいただき、
お気軽にご参加くださいませ!

「四島(しま)の未来 心かよわせ 返還へ」


(村上推進員2017.8.1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(以下、終了分)


■「北方領土の日」特別啓発期間

平成29年1月21日より同年2月20日まで、北方領土の日特別啓発期間として、一層強力に返還要求運動を展開いたします。
活動内容については<活動のお知らせ>を参照くださいませ。

当支部は昨年の8月の強調月間に引き続き、緊急啓発等、通年の啓発活動を行い、出来るだけ多くの方に北方領土問題について関心を持っていただけるよう活動しております。
強調月間終了後は、11月に北斗市2ヶ所にて署名活動、そして好評であった「おしま祭」の第5弾を2日間開催いたしました。
会場ではふわふわ遊具の他、キャラクター握手会、北方領土映像資料展やぬりえ・ペーパークラフト教室を開催実施、管内行政の協力を得ながら4,000名以上の親子連れの方々にご来場いただくなど、様々な形でより多くの方に北方領土問題について理解を深めていただけるよう各行事を開催実施をして参りました。

引き続き、北方領土の日特別啓発も、一層強力に推し進めます。

今回も渡島地方支部恒例行事となりました「返還要求キャラバン」、こちらは管内市町役所全てと団体企業含め60か所を訪問予定でございます。
大きな催し物としては第6回となる「おしま祭」、こちらはお子様(赤ちゃんも)から大人まで多くの方に関心を持ってもらうため特別なプログラムを用意しております。
併せて、おしま祭2と同様、今回も北方同盟会員企業様が発行する新聞折り込み10万部のカラーちらしにタイムスケジュールや画像を掲載させていただける運びとなりました。
これにより一層多くの方に活動を知っていただくきっかけになると期待しております。

また、昨年度に引き続きFMいるか様に啓発CMを製作いただき啓発放送や五稜星の夢会場への啓発看板設置、協力企業の皆様にも特別啓発ポスターの掲示等や署名の呼びかけなど多くのご協力をいただきました。

毎回同じことを書いてしまいますが、本当に皆様の温かいご協力のおかげで、返還要求運動の「輪」が確実に拡がっております。

みんなで
つなげて
ひろげて

心より感謝を申し上げます。

少しでも多くの方が返還要求運動の「輪」に繋がっていただき、一日も早い北方領土返還が実現できますよう、署名や行事へのご参加ご協力を、何卒よろしくお願い申し上げます。

(村上推進員 2017.1.24)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(以下、終了分)

■北方領土返還要求強調月間

択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の北方領土(北方四島)は日本固有の領土ですが、第二次世界大戦後から71年、今なお、ロシアによる占領、実効支配が続いております。
北海道でも毎年、旧ソ連邦が日本に対して宣戦を布告し、北方領土問題が発端した月である8月を「北方領土返還要求強調月間」と定め、全道的に北方領土返還要求運動を強力に展開しております。
つきましては、渡島地方においても地域住民に対する北方領土問題についての理解と認識を深め、北方領土返還要求世論の一層の高揚を図るために、各種事業の実施・開催をいたします。

今回は函館市、渡島総合振興局と共催しまして各種事業を展開いたします。

是非〈活動のお知らせ〉にアクセスいただき、お気軽にご参加くださいませ!

「重ねる対話 つなげる熱意で 四島(しま)返還」

(村上推進員2016.8.1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■「北方領土の日」特別啓発期間

平成28年1月21日より同年2月20日まで、北方領土の日特別啓発期間として、一層強力に返還要求運動を展開いたします。
活動内容については<活動のお知らせ>を参照くださいませ。

当支部は昨年の8月の強調月間に引き続き、期間をあけず、通年の啓発活動を行い、出来るだけ多くの方に北方領土問題について関心を持っていただけるよう活動しております。
強調月間終了後は、11月に北斗市2ヶ所にて署名活動、そして好評であった「おしま祭」のバージョンアップ版を北方領土を知るつどいとして2日間開催。
会場では新幹線開業へ向けての醸成を図るため、管内行政の協力を得ながらミニチュア新幹線の無料運行も行い3,000名以上の親子連れの方々にご来場いただくなど、様々な形でより多くの方に北方領土問題について理解を深めていただけるよう各行事を開催実施をして参りました。

引き続き、北方領土の日特別啓発も、一層強力に推し進めます。

今回は初めてデジタル資料を中心とした展示を行います。
そして渡島地方支部恒例行事となりました「返還要求キャラバン」、こちらは管内市町役所全てと団体企業含め60か所を訪問予定でございます。
大きな催し物としては第3回となる「おしま祭」、こちらは子供から大人まで多くの方に関心を持ってもらうため特別プログラムで開催いたします。
併せて、おしま祭2と同様、今回も北方同盟会員企業様が発行する新聞折り込み10万部のB2カラーちらしにタイムスケジュールや画像を掲載させていただける運びとなりました。
これにより一層多くの方に活動を知っていただくきっかけになると期待しております。

また、昨年度に引き続きFMいるか様に啓発CMを製作いただき放送、協力企業の皆様にも特別啓発ポスターの掲示等や署名の呼びかけなど多くのご協力をいただきました。

毎回同じことを書いてしまいますが、本当に皆様の温かいご協力のおかげで、返還要求運動の「輪」が確実に拡がっております。

みんなで
つなげて
ひろげて

心より感謝を申し上げます。

少しでも多くの方が返還要求運動の「輪」に繋がっていただき、一日も早い北方領土返還が実現できますよう、署名や行事へのご参加ご協力を、何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは明日9:30!
函館市役所よりキャラバン隊が出発です!

(村上推進員 2016.1.26)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■北方領土返還要求強調月間

択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の北方領土(北方四島)は日本固有の領土ですが、第二次世界大戦後から70年、今なお、ロシアによる占領、実効支配が続いております。
北海道でも毎年、旧ソ連邦が日本に対して宣戦を布告し、北方領土問題が発端した月である8月を「北方領土返還要求強調月間」と定め、全道的に北方領土返還要求運動を強力に展開しております。
つきましては、渡島地方においても地域住民に対する北方領土問題についての理解と認識を深め、北方領土返還要求世論の一層の高揚を図るために、各種事業の実施・開催をいたします。

今回は函館市、渡島総合振興局、そしてイトーヨーカドー函館店と共催しまして
8月14日(金)、8月15日(土)には、
「みんなで つなげて ひろげて 北方領土おしま祭」を初開催いたします!

管内全市、全町の協力のもと16体のゆるキャラが大集合!
会場では北方領土キャラクターエリカちゃんも登場いたします。
その他、北方領土問題についてのDVD上映やパネル展、お子様向けのぬり絵会場を設置等々、三世代で楽しめる会場づくりを進めております!

是非皆様お誘いあわせの上ご来場いただき、何卒署名や行事への参加のご協力をよろしくお願い申し上げます。

支部事業スケジュールはこちら

「四島(しま)返還 ひとりの力が 大きな力に」

(村上推進員 2015.8.1)。


<TOPページ掲載終了NEW・活動予定についてはこちらも併せてご覧ください>

 
 
北方領土復帰期成同盟渡島地方支部 北海道函館市美原1丁目3番1号 イチイビル1F
last update 2017.8.1
Copyright© Hoppudoumei Oshima All Rights Reserved

無料カウンター