北方領土復帰期成同盟 渡島地方支部(ほっぽうりょうど ふっききせいどうめい おしまちほうしぶ)

     

NEWS! 平成30年度「北方領土の日特別啓発期間」が始まりました!

皆様、日々の啓発活動、本当にお疲れ様でございます。
今年度も北方領土返還へ向けて、渡島地方支部の目指す「三世代でつなげて広げる」啓発行事を北方領土の日特別啓発期間も実施いたします。

当支部ではじめた渡島地方支部北方領土返還キャラバンは13回目を数え、今回は渡島管内市町・企業・団体120箇所訪問予定。

そして当支部・渡島総合振興局・函館市、協賛いただいた企業と一丸となり開催してまいりました「みんなで つなげて ひろげて 北方領土おしま祭」も今回が11回目! ものすごいボリュームのイベントに進化しております。
渡島管内の団体や学生の協力をいただきましての大イベントです。
併せて北方領土を知るつどいも同時開催。
こちらはものづくりを通して親子で学べるイベントです。
北方領土Q&Aや講話もございます。
皆様是非お集まりくださいませ! そして各行事お気軽にご参加くださいませ!


<北方領土の日について>
我が国固有の領土である択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の北方領土(北方四島)の早期返還の実現は、国民の長年にわたる悲願です。 

現在、日露両国間では北方領土問題を含む平和条約締結交渉が進められているが、北方領土問題の解決には、この北方領土返還要求運動がが国民の総意であることを明確にしまし続けることが重要です。

政府は1981年(昭和56年)1月6日の閣議で2月7日を「北方領土の日」とすることを決め、北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め全国的な北方領土返還要求運動の一層の推進を図ることとしました。

外交交渉の後押しと、更なる国民世論の結集を図るため、2月7日の「北方領土の日」を中心に1月21日から2月20日迄を特別啓発期間と定め各種啓発活動を展開いたします。

渡島地方においても地域住民に対する北方領土問題についての理解と認識を深め、北方領土返還要求世論の一層の高揚を図るために、各種事業の実施・開催をいたします。

「返還へ 世代を越えて つなぐ声」

推進員:村上幸義

□ABOUT US  

名 称 北方領土復帰期成同盟 渡島地方支部 
支部長 村上 幸輝(公益社団法人北方領土復帰期成同盟 副会長理事)

住 所 北海道函館市美原一丁目3番1号イチイビル1F



□北方領土返還要求運動について

■運動のはじまり

   日本固有の領土である択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の北方四島は、わたしたちの祖先が代々引き継いできた土地であり、これを再びわたしたちの手に取りもどそうとの目的のもとに、根室の地から返還要求の声が叫ばれたのは、終戦の年の秋頃からでした。

   当時の根室町長安藤石典(あんどういしすけ)は、北方四島からの引揚者の援護に全力をあげるばかりでなく、1945年(昭和20年)12月1日には連合軍最高司令官マッカーサー元帥あてに北方領土返還についての陳情書を出しました。これが領土返還の懇請する陳情の第一号であり、北方領土返還要求運動のはじまりとされています。

   この陳情運動がきっかけとなって、翌年には「失われた郷土復帰」への悲願から安藤石典根室町長を会長とする「北海道附属島嶼復帰懇請委員会」が引き揚げてきた島の人たちと根室の人たちを中心に結成されました。

■運動の広がり

   北方領土が占拠されたことは、父祖伝来の地を失うと同時に豊かな漁場までも失ったことになり、経済的な影響も大変なものでした。このようなことから、根室にあがった返還要求の声は、やがて北海道内の各地にこだまし、運動の輪はしだいに広がりをみせはじめました。

   そして、返還を強く訴えるため1950年(昭和25年)11月に、民間団体と道内の各自治体が一緒となり「千島及び歯舞諸島返還懇請同盟(昭和40年4月に社団法人北方領土復帰期成同盟)」を設立させ、また、1955年(昭和30年)5月に出稼漁業者などを含めた元島民の団体として「千島列島居住者同盟」(昭和33年7月に社団法人千島歯舞諸島居住者連盟)が設立されました。

   これらの団体は、政府や国会に対する陳情をはじめ、北海道の各地や道外の各都市で住民大会、講演会、北方領土展などを開催するほか返還要求のための署名運動を展開し、北方領土の返還に対する世論の高揚に努めています。

   昭和20年代の北方領土返還要求運動は、北海道を中心として行われていましたが、その後、サンフランシスコ平和条約の調印や日ソ国交回復などを経て、国民の目も次第に北方領土に向けられ、返還要求運動の灯は、北海道から全国各地に広がっていきました。

   現在では全ての都道府県に、返還要求運動を推進するため民間団体や地方公共団体が一体となった「県民会議」が設置または発足されており、地域に密着した県民大会、キャラバン活動、パネル展の開催、署名活動などの返還要求運動を展開しています。

   また、青年、婦人及び労働団体などのおよそ60の民間団体等が「北方領土返還要求運動連絡協議会」に加盟し、「北方領土の日」の全国大会の開催などの運動を展開しています。

   このように、国民世論が高まってきたことから、国会をはじめ、全ての都道府県議会及びほとんどの市町村の議会でも、北方領土返還の実現を強く求める「北方領土返還に関する決議」が行われています。

   また、主として元島民に対する援護等を行うため、1961年(昭和36年)12月に、「特殊法人北方協会」(昭和44年10月に特殊法人北方領土問題対策協会、平成15年10月に独立行政法人北方領土問題対策協会)が設立され、全国的な規模で北方領土問題の啓発宣伝、調査研究などを行っています。



北方領土復帰期成同盟 渡島地方支部 強調月間スケジュール 平成31年1月21日~2月20日まで

日時

行事名 場所 内容
1/21(月)~ 2/17(日) ラジオコマーシャル FMいるか FMいるかさんのご協力も元オリジナルCMを作成しました
1/28(月)~ 2/8(金) 北方領土資料・パネル展 渡島総合振興局 道民ホール 映像資料や小学生向けの資料を展示しております。
1/22(火) 第13回キャラバンスタート 函館市役所スタート 皆様のご協力よろしくお願いいたします!
2/7(水) FMいるか 生放送出演 函館山ロープウェイ スタジオ 函館市と振興局の新人&支部ベテラン協力員が出演決定
2/7(水)~ TVコマーシャル NCV 若手が出てます!強調月間おしま祭の告知CM
2/16(土) タイムスケジュール 北方領土おしま祭11 1日目 イトーヨーカドー函館店 署名コーナー設置とアトラクション
11:00~11:30    ・ご当地キャラクター握手・撮影会 カメラをご持参下さい
11:30~12:00    ・郷土芸能 函館巴太鼓振興会 和太鼓
12:30~13:00    ・ご当地キャラクター握手・撮影会 カメラをご持参下さい
13:30~14:00    ・ななポックル  人形劇
14:30~15:00    ・A☆D☆S エアロ・ダンス・サークル  ダンスショー
15:00~15:30    ・ご当地キャラクター握手・撮影会 カメラをご持参下さい
16:00~16:30    ・ゴスペルクワイア MSC  ゴスペル
同日開催
北方領土を知るつどい 家族みんなで北方領土を学びながらパン作り!
2/17(日) タイムスケジュール 北方領土おしま祭11 2日目 イトーヨーカドー函館店 署名コーナー設置とアトラクション
10:30~11:00    ・ご当地キャラクター握手・撮影会 カメラをご持参下さい
11:00~11:30    ・少林寺拳法 函館美原道院  少林寺拳法演舞
11:30~12:00    ・函館学生連合 ~息吹~ ① よさこい演舞
12:00~12:30    ・Rion SPIRATION ヒップホップダンス
12:30~13:00    ・ご当地キャラクター握手・撮影会 カメラをご持参下さい
13:00~13:30    ・Rダンスカンパニー ダンス
13:30~14:00    ・函館アフリカンTTスターズ 西アフリカ民族音楽 太鼓
14:00~14:30    ・函館学生連合 ~息吹~ ② よさこい演舞
14:40~15:00    ・ご当地キャラクター握手・撮影会 カメラをご持参下さい
カード配布15:00 抽選15:30~    ・ちびっこビンゴ大会 恒例いちいちゃんの大ビンゴ大会
同日開催
北方領土を知るつどい 家族みんなで北方領土を学びながらパン作り!
2/23(土)11:00~15:00 署名活動 函館アリーナ 特別啓発最後の署名活動です!ぜひご協力くださいませ!
おしま祭詳細はポスターをご覧ください(おしま祭グランド11PDFポスター)後日UPいたします。


北方領土復帰期成同盟渡島地方支部 北海道函館市美原1丁目3番1号 イチイビル1F
last update 2019.2.5
Copyright© Hoppudoumei Oshima All Rights Reserved

カウンター カウンター